今夜はロールバック!

プログラミングよりも写真が好きです。

葉真中顕の「絶叫」感想。【ネタバレなし】

f:id:momogaaaa:20180325194321j:plain

ちょうど実家に帰るということで長編物が1冊欲しかったところだったので、500ページ超えのこの小説はありがたかったですね。

試し読みしたところ、冒頭から引きつけるような内容だったので思わず購入。

 

あらすじ

期待の大型新人が紡ぐ、ひとりの女の壮絶な物語。 平凡な女、鈴木陽子が死んだ。誰にも知られずに何カ月も経って……。 猫に喰われた死体となって見つかった女は、どんな人生を辿ってきたのだろうか? 社会から棄てられた女が、凶悪な犯罪に手を染め堕ちていく生き地獄、魂の叫びを描く!

舞台は現代の東京。マンションの1室で発見された死体の身元を割り出していくうちにある事件が発覚していく。

刑事が戸籍や出身地をまわって死体となった主人公鈴木陽子の人生を時系列に追っていくのと同時に、別の事件も同時に進んでいき2作を同小説のなかで読んでいるようになります。

しかしどこかで鈴木陽子の人生と別の事件が交差していくことに。

 

読んでみた感想

絶叫というタイトルの通り、壮絶な人生を送っていた女性にスポットライトを当てた作品でした。

ただし物語の進め方は非常に淡々としていて、目を覆うようなシーンもどん底に追いやられたような悲壮感もなく、淡々と状況を模写しているルポルタージュのような印象を受けました。

 

一人の女性が転落していく、という点においては宮部みゆきの「火車」や山田宗樹の「嫌われ松子の一生」のようなイメージを持ちますが、実際に読んでみると少しテイストが違うように感じました。

 

「火車」のように重厚ではなく、「嫌われ松子の一生」のように軽快な感じはしません。

一人の女性の人生を装飾せずに描いているような感じです。それゆえにリアルな悲壮感は非常に伝わってきます。

 

火車や松子の主人公は最後に一縷の望みを持っていたので悲壮感の中にも一点の光がありましたが、絶叫の主人公にはそれがない。

ただただ堕ちていくだけ。

しかも主人公に問題があるというわけではなく、本当に落ちるべくして落ちるような環境下に置かれた状況も本当に救いようがない。

このような重苦しい悲壮感というのは非常に久々でした。

 

ちなみに伏線は丁寧に回収してくれました。長編で伏線が散りばめられた作品だったので少しのほころびが作品全体を台無しにしてしまいかねないのですがそんな心配は無用でした。

違和感もなく、そしてさりげなく仕上げる作者さんの技術が光っていました。

 

伏線の回収ですが、「そんなとこまで?」というくらい綺麗に仕上がっていています。ラスト数行も「そこに紐づくのか!?」と意外性を突いてくる作品です。

自分の中では、この本の本当のラストはページ最後ではなく物語が進んでいる途中でした。まあ、気になる方はどうぞ本編を。

 

さいごに

長い小説だったので途中で中だるみしないかと心配していましたが、そんなことはまったく心配なかったです。

もっと読みたいと思わせてくれるくらいテンポもよく非常に楽しめる作品でした。

長旅にお供にはオススメです。

この本のことを書くと、火車がもう一度読みたくなってきました。

 それでは今日はこのへんで。