今夜はロールバック!

毎週火曜に1冊、オススメ小説を紹介していきます。

TOP

マンガ「赤ファンのつぶやき」感想。【ネタバレなし】

f:id:momogaaaa:20180325194047j:plain

Amazonのオススメのところにでていて気になっていた作品です。

カープファンが居酒屋で色々語り合うというだけの漫画ですが期待以上に面白かったです。

 

2冊出ている作品で何と1作目はPrime会員は無料。まずは1作目を読んでみて続きが気になったので2作目も購入。

結果2作目の方が面白かったですね。

 

あらすじ

25年ぶりの優勝を、遂に遂に成し遂げた広島カープ。そんなカープを応援し続けている熱烈なカープファンに贈る、濃いにも程があるファンコミック第2弾が満を持して発売! ! カープファンの気持ちを鮮やかに描く、オールファン目線のカープ応援コミック! ! ファンなら分かる、あるあるネタから知られざるカープ選手のエピソード、そしてレジェンド選手の懐かしエピソードまで網羅。これを読めばカープの全てが分かるといっても過言はないかもしれません! !

登場人物はカープファンの惣一(リストラ専業主夫の40代)とその妻カナ(24歳)が居酒屋でカープ談義に花をさかすというだけの漫画です。

 

暗黒時代のカープを応援してきた二人が待ちに待ったリーグ優勝を向かえるまでを描いています。

メークドラマを経験している惣一は10ゲーム差あってもドキドキしっぱなし。それに対してカナは優勝までの過程を楽しんでるというのが世代間の差を上手く書いていますね。その二人を見守る居酒屋のおばあさんもよい味を出しています。

 

優勝までの道のりを描いているとはいえ、居酒屋を経営しているおばあさんも交えているので急に昔のネタもでてくる(なぜかやたらと達川選手がでてきましたが)という具合にそれぞれの世代をうまく使いながら話を進めてくれるのでどの世代の人にも万能に対応した漫画です。

 

ちなみに1作目の赤ファンのつぶやきはコチラ。

f:id:momogaaaa:20180325194058j:plain

こちらは優勝とは程遠い低迷の時代を描いています。

低迷した時代だと話が大きく動かないので、どうしても優勝を書いている2作目の方が面白くなってしまいますね。

読んでみた感想

キャラクターの設定が非常によく、それぞれのキャラと立ち位置(ボケとツッコミと解説)が完全に決まっているので読んでいても気持ちがよかったです。

作品の全体のイメージとしては、西岸良平先生の「三丁目の夕日」に似ていて非常にフワフワとした柔らかい感じの作品ですが、三丁目の夕日同様にキャラクター設定がうまくできているので話がぼやけず楽しめました。

 

特に年の離れたクセのない可愛らしい夫婦は男女問わず好かれそうなキャラクターですね。

そしてもちろんこの二人は広島弁。そこがまたよかったです。

 

リーグ優勝まで25年もかかった球団が題材のこの作品。野球好きな人ならカープファンじゃなくても楽しめる作品です。

 

さいごに

この漫画を書いている作者さんは「野村宗弘」です。どこかで見たタッチだなと思ったら以前読んだWeb漫画の「うきわ」を描いていた作者さんでした。

広島の社宅で浮気をしてしまう二人の物語です。

yawaspi.com

こちらの作品もほのぼのとしてよい味を出している作品です。こちらはWebからも読めますので気になる方は読んでみてください。こちらもともてよい作品でした。

それでは今日はこのへんで。