今夜はロールバック!

毎週火曜に1冊、オススメ小説を紹介していきます。

TOP

「文章は接続詞で決まる」。感想【ネタバレ少し有り】

f:id:momogaaaa:20170614232647j:plain

接続詞は文章の要だ。しかし、今まで文章を書くうえで接続詞をあまり意識してこなかった。そもそもどれほどの種類の接続詞があるのさえも把握できていない。

それでも文章力は向上させたかったので、「文章は接続詞で決まる」を手に取ってみた。

 

あらすじ

基本的にはあらゆる接続詞と使う場面を紹介していくというもの。余計な装飾がなくシンプルな内容だ。

蛇足がない分、読み手は困惑されることなく接続詞の使い方にのみ集中することができる良本だ。

以下にどのような接続詞が紹介されているかをまとめてみた。 

事柄を論理立てて説明する接続詞

  1. だから
  2. したがって
  3. ゆえに
  4. よって
  5. それなら
  6. しかし
  7. だが
  8. でも
  9. それでも
  10. ただ
  11. ところが
  12. にもかかわらず
  13. それなのに

文章を整理するための接続詞

  1. そして
  2. それから
  3. それに
  4. そればかりか
  5. そのうえ
  6. しかも
  7. ひいては
  8. それで
  9. かつ
  10. および
  11. ならびに
  12. 一方
  13. それにたいして
  14. または
  15. もしくは
  16. あるいは
  17. 第一に
  18. 最初に
  19. まず
  20. つづいて
  21. さらに

文章を理解するための接続詞

  1. つまり
  2. すなわち
  3. いわば
  4. いってみれば
  5. ようするに
  6. むしろ
  7. かえって
  8. そうではなく
  9. というか
  10. たとえば
  11. とくに
  12. なぜなら
  13. なぜかというと
  14. だって
  15. なにしろ
  16. ただし
  17. もっとも
  18. なお
  19. ちなみに

文書を展開させるための接続詞

  1. さて
  2. ところで
  3. それにしても
  4. それはそうと
  5. それはさておき
  6. では
  7. それでは
  8. じゃあ
  9. このように
  10. こうして
  11. かくして
  12. とにかく
  13. いずれにしても

読んでみた感想

一言でいうと接続詞の重要さがよくわかる本だった。

以下の2文を見比べてみても、より読みやすいのは後者じゃないだろうか。

 

「今日は朝8時に起きて、歯を磨いて朝食をとった。遅れそうだったので駅までは自転車で行って、電車に乗った」 

「さて、今日は朝8時に起きて、まず歯を磨いて、それから朝食をとった。そして遅れそうだったので駅までは自転車で行って、そして電車に乗った」

 

今まで文を書いてて、どうしてもしっくりこなかった時は箇条書きに逃げていたが接続詞をうまく使うことである程度は読みやすい文章が書けるようになるのではないかと期待できそうだ。

  

さいごに 

最初この本は図書館で借りて読んだのだが、あまりにもよかったのでkindleで購入することに。

なかなか一度で全てを理解することが難しかったので、時間の空いたときは何度か読み返していこうと思う。

それでは今日はこのへんで。