今夜はロールバック!

プログラミングよりも写真が好きです。

Macをデュアルモニタにしたので備忘録

f:id:momogaaaa:20171009110157j:plain

どうも、ももがです。・ω・

以前からずっとやってみたかったiMacのデュアルモニタ。

デュアルモニタ用にコツコツとお金を貯めていました。

が、ついに貯まりましたよ!(・∀・)

念願のモニタを購入!今回はiMacでデュアルモニタに設定した方法を備忘録として残しておきます。

 

iiyamaのモニタ

今回購入したモニタは、iiyamaのXUB2790HS-B2です。

2017年9月に発売された、現時点では比較的新しいモニタです。

IPS液晶とピボット(縦回転)に非常に魅力を感じての購入です。

 

とくにピボットは本当によかったです。

というのも、僕が使っているiMacは27インチ(Late 2015)のでしたので、

さらに大きなモニタを横置きで使うとなるとかなりワイド感がでてしまいそうでした。

これがサブモニタを縦置きにすることでだいぶスッキリ感がでてきますね!

目の移動に疲れることもなく、画面上の作業スペースを拡大させることができました。

やっぱりピボット最高でした!(・∀・)

 

と、少し前置きが長くなっちゃいました。

それでは開封していきますよ!

 

f:id:momogaaaa:20171009105515j:plain

箱はボロい!!笑

思っていた2倍以上のボロさです!

 

f:id:momogaaaa:20171009105559j:plain

中身はこんな感じ。

箱のボロさに反比例して、中の梱包は非常に丁寧でした。

 

iiyamaの組み立て方

それではさっそく組み立てていきましょう!

組み立ては超簡単!

f:id:momogaaaa:20171009105526j:plain

本体と土台部分が分かれているのでこれらを取り付けていきます。

 

f:id:momogaaaa:20171009105531j:plain

取り付け先はここ。

 

f:id:momogaaaa:20171009105554j:plain

ビスはこんな感じです。

ちょっと見慣れない形ですよね?

実はこれドライバーいらずでビスを固定することができるんです。

つまみの部分を手でまわして、回し終わったら横に寝かせるような感じのビスです。

 

f:id:momogaaaa:20171009105559j:plain

画面を下向きにおいて。

 

f:id:momogaaaa:20171009105604j:plain

足を持ち上げます。

このモニタの売りの一つでもある足が可動するところが取り付け時にも役にたちますよ。

 

f:id:momogaaaa:20171009105609j:plain

先程の土台を足につけて。

 

f:id:momogaaaa:20171009105727j:plain

ビスをつけます。

この時ドライバーはいりません。

このビスのところから出ている半丸のつまみが可動するので、

半丸を上に持ち上げてクルクルと回して、終わったら横に寝かせます。

忘れるなよ自分!!

 

f:id:momogaaaa:20171009105733j:plain

あとはサイドにあるシールを剥がしていきます。

これはちょっと改善して欲しいところなのですが、

このシール剥がしにくいんですよね。。

 

f:id:momogaaaa:20171009105741j:plain

そしてあとはiMacとモニタをつなげて終わりです。

この時Macの電源は必ず切っておきましょう。

どのみちモニタをつなげたとしても、Macを再起動しないとデュアルモニタとして認識しないようなので最初から切っておいた方がよいです。

絶対に電源は切ってからモニタを接続しましょう

絶対に!!!

 

デュアルモニタの画面を左に置くか、右に置くか、これは好みなのでしょうね。

ただし、これは満を持してオススメしたいのですが、

サブモニタは左側の方を強くオススメします!!!

 

実は僕は会社でもデュアルモニタなのですが、席の都合上一時期右側にサブモニタを置いていました。

が、、見づらい。。。(´・ω・`)

なんで?と聞かれてもちょっと説明がしにくいところですが、

右の方が画面を追う時に、若干大きく目を動かさないといけないような気がします。

この少しの違いが見づらさにつながっているのかなぁと思っていますが、右と左の違いはかなりのものです。

 

ちなみにiiyamaのモニタを左に置いた場合、、、

残念ながら配線の都合上線がピョコンとはみ出てしまいます。。。

f:id:momogaaaa:20171009105919j:plain

iiyamaのモニタの最大のデメリットは?と聞かれたら、

画面を左に置く派の僕としては「配線」になりますね。

でも、このピョコンとはみでて配線、思った以上に気になりませんね。

このブログを書いていて「ああ、そうだったな」と思い出したくらいです。

今ではもう全く気にならないですね。

 

Macの画面設定

さて、ハード面は上記で設定が終わりです。

あとはMacの設定を変更していきましょう!

 

ではまずは、マックのリンゴマーク(左上)>システム環境設定をひらきます。

開いたらディスプレイのところをクリックします。

f:id:momogaaaa:20171009105925j:plain

 

開くとこのような画面がでてきます。

f:id:momogaaaa:20171013232920j:plain

デフォルトの設定では、ディスプレイがミラーリングといって同じ内容が2画面にでてくるのでこれをOFFにします。

 

そして、サブモニタの場所をドラッグしながら左側に寄せていきます。

右が好みなら右にもっていきましょう。

 

f:id:momogaaaa:20171009105929j:plain

続いては画面を縦回転にして設定していきましょう。

iiyamaを買って縦回転にしないなんてもったいないです!

 

って、、、

あれ、、、

縦回転にする設定がない!!!

・・・(´Д`)

 

ご安心を!

僕も最初この画面を見て、え?Macって縦回転できないの?なんて思いました。

が、サブ画面はサブ画面での設定画面があります!

 

サブ画面の方を見てみてください。

こんな画面がでてきてるはずです。

そしてここでは回転もできます!

f:id:momogaaaa:20171009105932j:plain

なんとサブ画面の設定はサブ画面にでる仕様だったのですね。

思わずiiyamaを買ったことを一瞬でも後悔してしまいました。

が、今ではちゃんと立派に縦回転しています。

 

これで画面に設定は完了です。

お疲れ様でした。

それでは続いてサウンドの設定をしていきましょう!

 

モニターのサウンド変更

iiyamaの残念なことの一つはサウンドの質はMacの方がよいですね。

デュアルディスプレイにした瞬間にサウンドはiiyamaの方が優先されちゃうのでMacのサウンドに切り替えましょう。

その切替かたはコチラ!

https://pc-karuma.net/mac-sound/

 

サウンドのよしあしなんて人それぞれかもしれませんが、やはりMacの方が1枚も2枚も上手ですね。

さすがはMac。すごいな。 

 

そしてiiyamaのモニタには残念ながらMacと接続するためのケーブルはついていません。

僕はこちらのケーブルを購入。

値段も千円以下と安いことと、口コミ件数が脅威の1000件超えというのが購入したポイントですね。

今のところは快適に使えています。

iiyamaのモニタのメリット・デメリット

さて、iiyamaのモニタでMacをデュアルディスプレイにしてみた感想ですが、メリット・デメリットをこちらにまとめていきます。

 

デメリット

  1. 画面を縦置きにしたとき、正面から少し見えてしまうこと。
  2. サウンドはMacの方がよいこと。

 

メリット

  1. IPS液晶はやっぱりキレイ!(特に文書系がキレイに見えます。ブログ書くには最高!)
  2. 画面を横から見てもキレイなまま!(これもIPS液晶のおかげ)
  3. 27インチでも大きくて使いにくいことはなし。そして小さくもなし。
  4. モニタが上下・前後に可動するのは嬉しいですね。
  5. 嬉しいノングレア
  6. チラツキがないのも嬉しいですね。
  7. ピボット最高!!!

 

なんだかメリットを無理やり増やしている感はあるのですが、それでも iiyamaのこのモデルにしてよかったと思います。

会社のモニタはAMVA液晶パネルですが、やはりドキュメント系をメインで見るのであればIPS液晶の方がクッキリというか全体的にキレイに見えています。

 

さいごに

Macを購入してからずっとに「デュアルディスプレイだったらいいのになー」と感じていました。

これでやっと念願のデュアルディスプレイです!

とにかく使いやすい!ブログを書く時も記事を書きながらプレビューもみれますし、写真を現像しながら記事もかけますし、YouTubeを見ながらプログラミングもできます!

やっぱり画面が2つあると作業効率がいいですね。

これから大事に使っていきたいと思います。

 

ここまで読んで頂いてありがとうございます!

それでは!