今夜はロールバック!

毎週火曜に1冊、オススメ小説を紹介していきます。

TOP

伊豆急下田駅の近辺を観光してきた。伊豆旅行前編

f:id:momogaaaa:20170515223716j:plain

約8年ぶりの伊豆旅行へ行ってきた。

 

以前も一度は伊豆へ行ったのだが、その時は別の旅館へ宿泊した。ただその時から「南楽」という旅館が気になっていたため今回はそこへ行くことに。

 

ちなみに8年前の泊まった旅館は「季一遊」(ときいちゆう)という立派な旅館が安く泊まれるということで行った。そこは僕が今まで泊まったどの旅館よりも立派で鮮明に記憶に残っていたものだ。そんな季一遊と最後まで候補に残っていたという旅館なので期待してしまう。

 

いざ伊豆へ!

f:id:momogaaaa:20170515001424j:plain

いざ伊豆へ!伊豆の踊り子号で。

 

f:id:momogaaaa:20170515001458j:plain

この日は予報では曇りのち雨で車中からの絶景も残念ながらどんよりとしたものだった。天気の良い日にこの絶景が見れたら最高だったんだろう。

 

f:id:momogaaaa:20170515001551j:plain

もうすぐ伊豆へ。なんと伊豆に到着するころには晴れてきた。

車中から見えたこんもりとした不思議な山。とてもよい景色だった。

 

伊豆急下田へ到着!

f:id:momogaaaa:20170515001555j:plain

この旅行は2017年1月に行ったのだが、伊豆に降りた瞬間気候が違うことに驚いた。

本当暖かい。冬の伊豆はオススメだ。

そして伊豆急下田駅には竜馬像が。

この小さい銅像実は坂本竜馬。昔坂本竜馬も下田によったらしい。全国どこへ行っても坂本竜馬像には遭遇する率は高い。

 

f:id:momogaaaa:20170515001557j:plain

関所風の改札。洒落てるなー。

 

f:id:momogaaaa:20170515001559j:plain

そしてなぜか駅構内に亀が。

人慣れしているようだった。

 

f:id:momogaaaa:20170515001604j:plain

下田駅を降りると黒船が。8年前に来た時はもうぼろぼろだったがペンキが新しく塗り替えられてて立派な黒船に戻っていた。

 

伊豆の回転寿司屋へ

f:id:momogaaaa:20170515001607j:plain

8年前の旅行でも同じ回転寿司屋で食事したのだがその美味しさに驚いたもだ。

 

f:id:momogaaaa:20170515001610j:plain

回転寿司屋「魚どんや」に到着!

 

f:id:momogaaaa:20170515001611j:plain

メニューがちょっと変わって珍しいお寿司がたくさんある。これなんて珍しい。まぐろの中落ちをスプーンですくいながらお寿司を自分でつくるというやつ。

 

f:id:momogaaaa:20170515001614j:plain

どのお寿司を食べてもおいしい。

 

f:id:momogaaaa:20170515001616j:plain

これが一番美味しかったやつだ。なんだろサヨリかな。いやカマスかな。どのネタも美味しい。

 

伊豆の街をブラブラと

f:id:momogaaaa:20170515001618j:plain

さてさてお寿司を食べ終わって旅館へ入るまで時間があったので街を散策してみた。ロープウエイは翌日行く予定だったので他になにかないかブラブラと散策してみることに。

 

しかし伊豆急下田駅付近は思ったよりあまり観光地は少ない。

ペリーロードの方まで行ければそこそこ見るところはあったと思うのだが時間の関係上伊豆急下田から離れられなかったのでこの辺りをブラブラと。

なまこ壁の蔵が珍しかったのでブラブラと歩いているだけも風情があってよい。

 

f:id:momogaaaa:20170515001620j:plain

坂本竜馬って10日間ほど下田に滞在していたらしい。

10日間の滞在で一つの街のメインコンテンツまでのし上がるとはやはり偉大な人物なのだろう。竜馬の横にいる女性はお龍さん、、じゃなくて唐人お吉という方。竜馬との接点はないようだが下田ではこの女性も激動の明治を生き抜いた女性として有名な人だ。

 

f:id:momogaaaa:20170515001605j:plain

そろそろ旅館「南楽」へ行くバスの時間なので伊豆急下田駅へ戻ることに。

 

さいごに

旅館「南楽」へ入るところまでこのブログで書こうと思ったのだが、ちょっと量が多くなりそうなので今回はこのへんで。

続きは伊豆旅行中編で。

ここまでお付き合いくださりありがとうございました。

それでは今日はこのへんで。