今夜はロールバック!

プログラミングよりも写真が好きです。

伊豆の旅館南楽はぼーっとするには最高のロケーションでした!伊豆旅行中編です。

f:id:momogaaaa:20170516230325j:plain

どうも、ももがです!

前回の続きで伊豆旅行記を書いていきます!前回は伊豆急下田に降りてお昼を食べ街をブラブラしているところで終わりましたが今回はいよいよ旅館「南楽」へ行ったころを書いていきます!

南楽はそこそこお高い旅館で普段はなかなか泊まれないようなところですが時期外れでお値段がお安いいうことで今回は泊まれることに。値段のことを聞いてからワクワクしてしまうのは貧乏性なのでしょうか。それでもやっぱりワクワクしてしまいましたねー。年に数回の楽しみにテンションもあがっちゃいますよ!旅館チェックインと同時に滑り込めるようその時間帯に合わせたバスへ飛び乗りました。(・∀・)

さー、いくぜ南楽!

 南楽へ入るよ!

f:id:momogaaaa:20170516230325j:plain

南楽へ到着!シャトルバスで結構長い時間乗っていたような気がします。20分くらいかな。おかげで周りは何もないところで静かな場所です。南楽の入り口を見た瞬間、アレ、、思っていた以上にこじんまりしているな。というのが素直な感想ですが、ご安心を!奥に行くにつれてこの旅館の立派さと仕掛けの面白さに心打たれますよ!

 

f:id:momogaaaa:20170516230411j:plain

まず入り口を入ってすぐのところへ飲める温泉が!宿の方の説明では塩辛くお出汁のような味がするとのこと。レッツトライ!

 

f:id:momogaaaa:20170516230351j:plain

ひしゃくですくっていただきまーす!・・・。う、うん。お出汁だ・・・?正直味はまああのそのというところですがこういう遊び心って嬉しいものですね。これだけでもテンション上がりますよ。

 

f:id:momogaaaa:20170516230418j:plain

田舎宿を徹底しているようで小物にも気合が入っていました。多分実際は使わえないと思うのですがこちらは湯たんぽ。見て楽しむものですね。

 

f:id:momogaaaa:20170516230524j:plain

ロビーへ行く間に色々な仕掛けがあるのには正直驚きました。にくいね南楽!こちらはかまどでしょうか、実際にご飯を炊いているようでした。

 

f:id:momogaaaa:20170516230526j:plain

自家製の果実酒も漬けてありましたね。見た目にもすごく凝っている置き方です。インスタ映えしそうな雰囲気でしたね。女子ウケ間違いなし(・∀・)

 

f:id:momogaaaa:20170516230515j:plain

そして大きなかまども。こちらは実際に使っているのでしょうか。わかりませんがなんとも立派な田舎宿という雰囲気を漂わせています。

 

f:id:momogaaaa:20170516230531j:plain

ここもまだロビーへ行く途中ですよ。野菜が置いてあったり、

 

f:id:momogaaaa:20170516230533j:plain

バナナの木も。南国だからでしょうか。

 

f:id:momogaaaa:20170516230536j:plain

色々な仕掛けを楽しんでやっとロビーへ。そしてウエルカムドリンクの抹茶を頂きます。ロビーにくるまでここまで見て楽しむことができた旅館っていままで初めてかもしれません。田舎風の宿かと思っていたのですが、田舎というよりは昔一財産築いた豪商の家に来ているような感覚です。僕のような庶民が入ってよいのか悪いのか。

 

f:id:momogaaaa:20170516230537j:plain

部屋もかなりゆったりでイスも立派でした。そしてウォシュレットがついているもの嬉しいですね。

 

f:id:momogaaaa:20170516230936j:plain

外の景色。本当何もないです。コンビニすらもなかったです。諦めて旅館を満喫しましょう。

 

f:id:momogaaaa:20170516230619j:plain

さて、部屋でちょっとゆっくりしたら旅館を散策してみましょう。これも旅館の醍醐味ですよね。やっていることは小学生みたいかもしれませんが。(・∀・)

 

f:id:momogaaaa:20170516230616j:plain

旅館のちょうど裏庭あたりですね。インディージョーンズのアトラクションじゃないですよ。裏庭も結構凝ったつくりでした。

 

f:id:momogaaaa:20170516230617j:plain

足湯もあったり。タオルが備えてあったので助かりました。気配りが嬉しいですね。

 

お風呂へ入るよ!

f:id:momogaaaa:20170516230704j:plain

さーていよいよお風呂です!日頃の疲れをふきとばしてやるぞーー!いやっほーい!家族風呂が全部で10個くらいあるので全部制覇は無理ですね。またお風呂へ行く間の道も雰囲気あっていいんですよ。

 

f:id:momogaaaa:20170516230705j:plain

とくに気に入ったのがこちら。なんか武将がでてきそうですよね。男心をくすぐります。

 

f:id:momogaaaa:20170516230714j:plain

お風呂から上がったら梅ジュースやキンカンが振る舞われたり。

 

f:id:momogaaaa:20170516230723j:plain

お茶が振る舞われたりしました。いやー、嬉しいですね。しかもこちらででた珍しい漬物があったんですよ。大豆で作ったお肉みたいなやつが。それが気に入ってたのですが何とお土産コーナーにありましたよ!(*゚ω゚)

 

f:id:momogaaaa:20170516231115j:plain

後日家で食べてみました。味はすきやき風味とあるのですが、、、

 

f:id:momogaaaa:20170516231124j:plain

ご飯に乗せて食べると生姜焼き風味で絶品です。ぜひ食べてみてくださいー

 

f:id:momogaaaa:20170516230847j:plain

そして先程ジュースが振る舞われた休憩所ですが、かわいらしい装飾が。

 

f:id:momogaaaa:20170516230852j:plain

なんと!ここまで凝りますか!?ぬいぐるみと果実酒の瓶で埋め尽くされてますよ。千と千尋の神隠しがあたまをよぎりましたね。

 

f:id:momogaaaa:20170516230904j:plain

囲炉裏と果実酒。うーん。いいですね。(゚´=Д=`)

 

今日の晩御飯

f:id:momogaaaa:20170516230757j:plain

さてさて夕飯は部屋食じゃなくて会場へ。

 

f:id:momogaaaa:20170516230801j:plain

どれもこれも文句なしです。

 

f:id:momogaaaa:20170516230805j:plain

お酒は全く飲めない二人ですが美味しい料理に舌鼓。

 

f:id:momogaaaa:20170516230809j:plain

伊豆といえば金目鯛ですよね。文句無しで最高によかったです。ってコメントはあっけないですけど味は本当によかったですよー!

 

朝風呂に入って朝ごはん!

f:id:momogaaaa:20170516231022j:plain

一夜明けて朝風呂です!旅館の醍醐味といえば朝風呂!朝からお風呂に入るなんて贅沢な。気分は天下人ですよ。そしてここでも嬉しいサービスが。お風呂から上がると朝食前にすいとんのサービスがありました。しかも囲炉裏を囲んだ本格的なやつが。

 

f:id:momogaaaa:20170516231034j:plain

味付けもさすがは旅館。上品な味付けです。

 

f:id:momogaaaa:20170516231038j:plain

朝食は結構なボリュームです。すいとんも食べたのでもうお昼はいいかもってくらいの量です。

 

アヒルもいるよ

f:id:momogaaaa:20170516231153j:plain

そしてこちらの旅館のもう一つのお楽しみがアヒルに会えること。かわいいっすね。(゚´=Д=`)

 

さいごに

いやー、想像していたよりも全然楽しめる旅館でした!旅館で働く従業員の方のサービスも徹底された立派なものでしたが、旅館を埋め尽くしている装飾の立派さには度肝を抜かれました。装飾品を目で楽しむということを勉強できたような気がします。やっぱり雰囲気というのはすごく大切なのですね。自分の仕事にもいかせそうな気がしてきました。

今回もちょっとブログが長くなってしまったので、続きは伊豆旅行後編でアップしていきます!

ここまでお付き合いくださりありがとうございましたー!

それでは!