今夜はロールバック!

ただの日記です。

TOP

重松清「みんなのうた」。感想。【ネタバレなし】

f:id:momogaaaa:20180411235057j:plain

タイトルと表紙イラストの雰囲気から、今回はハズレかなとドキドキしながら購入したのを覚えている。

ところが、読み進めていくうちにどんどんと引き込まれていく。非常によい小説に巡り会えた。さすがは重松清作品。ジワジワと引きつけてくれる。

 

あらすじ

東大を目指して上京するも、3浪の末、夢破れて帰郷したレイコさん。傷心の彼女を迎えるのは、個性豊かな森原家の面々と、弟のタカツグが店長をつとめるカラオケボックス『ウッド・フィールズ』だった。このまま田舎のしがらみに搦めとられて言い訳ばかりの人生を過ごすのか―レイコさんのヘコんだ心を、ふるさとの四季はどんなふうに迎え、包み込んでくれるのか…。文庫オリジナル感動長編!

主人公は、夢破れた若者と現実に打ちひしがれた若者の2人。

2人の境遇は、かたや東大を目指す浪人生で、かたや高校中退のシングルマザー。

どちらも東京では交わることのなかった人生だが、生まれ故郷が同じで幼馴染。そして、偶然にも2人は同じ時期に故郷に帰るというところから物語がスタートする。

 

二人の田舎での生活を描いた作品。それぞれにとっての田舎と東京との距離感。そして、その二人を取り巻く家族が題材の小説だ。

 

登場人物と舞台は変わらずに、1話1話が短編集のようになっていて、全体を通して少しずつ話が進行していく。最終的には1年後の主人公2人を描いて終了。それぞれ、どのような生き方を選択するのかがみどころだ。

1年を通して描いているので、春夏秋冬の田舎の描写も楽しめる作品でもあった。

 

読んでみた感想

重松清さんの作品は、現実味のある作品が多いが、ごくまれに全てがトントン拍子でうまくいくという漫画的展開の作品もある。

どちらの作品が好きかは好みなのだろうが、個人的には現実味のある作品の方が好きなので、「みんなのうた」は途中で読むのをやめてしまうかもと思っていた。

 

ところがだ、この「みんなのうた」、田舎のどちらかといえば負の部分にのみ焦点をあてて、しかもそれを暗くならないように、時にはコメディタッチでうまく描いている作品だった。

題材は暗いけど明るいテイストに仕上げる。まさに重松清さんの真骨頂。すばらし作品だ。

 

田舎の風景というのは素晴らしと思う。

でも、実情としては、高齢化や廃線や仕事不足など生活しにくいところや問題もたくさんある。

素晴らしいところよりも、問題の方がずっと多いのかもしれない。

里帰りで田舎へ寄るのとは違って、1年間をそこで生活していると、必ずそのような負の部分をたくさん見ることになるはずだ。

 

この小説では、そんな負の部分から目をそらさずに、ちゃんと再確認させてくれて、そして、そのような状況を悲観的にならずに日常を楽しむということを教えてくれたようにも感じた。

作品としてもテンポもよく、脇役のキャラクタ設定も丁寧にしていて読んでいて非常に気持ちのよい作品だった。

 

さいごに

この小説の存在を知ったのはブックオフ。表紙もキレイだったため最近のものだと思っていたのだが、2002年に連載されたものだった。

重松清さんの直木賞作品「流星ワゴン」が2001年連載なので、ちょうど波にのっていた頃なのだろう。面白いのも納得。

久々の大当たりに大満足だった。

次回も、こういうテイストの昨日に出会いたいものだ。

それでは今日はこのへんで。